個人再生 返済能力
借金問題を解決する司法書士たち
  トップページ > 個人再生    
個人再生に求められる返済能力

個人再生では、手続きをしたからといって、後は何の返済もしなくて良いといった債務整理ではありません。

個人再生をしたとしても、債務そのものがなくなるわけではなく、返済はきちんとしていかないといけません。



この返済については、個人再生のプランを立てる段階で考えるのですが、その前提として個人再生後に返済を遂行していくだけの返済能力が求められるのです。

では、一体どれぐらいの返済能力が必要なのでしょうか。

これについては、継続的に安定した収入が入ってくることが最低限必要です。

年収ベースについては、そこまで高いことは必要なく、一般的に言われている中流のレベルであれば何とかなります。

個人再生の場合、基本的には手続き後に3年以内で残った債務の全額を返済していくことになります。

また、住宅ローンが残っている場合は、その分は減額がなされない状態で、3年以内に完済が要求されます。

つまり、これを実行していくためには、定期的に収入を手に入れることができないと、せっかく立てたプランを実行に移すことができず、個人再生そのものが失敗に終わってしまいます。

もしどうしても個人再生後の返済を続けていくことができないと感じている場合は、個人再生ではなく自己破産を選択した方が良い場合もあります。

また、それでも個人再生を強く希望しているのであれば、そのことを法律事務所の担当者に相談する方が良いでしょう。

その方が状況に応じた助言を頂くことができます。

 
借金問題お役立ち

トップページ


大阪の司法書士

個人再生・返済

シンキの過払い金


種は蒔かねば生えてこない

必ず努力は実る
<< | トップページ │ >>    
Copyright (C) 2014-2017 借金問題の解決方法 . All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。